腰痛治療なら狭山市【きだに名倉堂接骨院】へ

院長ブログ

当院の治療方針に影響を与えた世界の動き ②

「痛みはレントゲンに写らない!?」 エビデンス・画像診断 編

骨折や悪性腫瘍などを除いた、運動器の痛みに対する画像診断も、多くが「根拠なし」とされた。腰痛の場合を例にとると、腰痛を抱えている人でも、まったく痛みのない人でも、脊椎の変形、脊椎分離症、すべり症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などが、ほぼ同じ確率で写るという。それらの事実から、骨の変形などの画像所見と患者さんの訴える痛みとが一致する事はまれであると言える。運動器の痛みに対して、レントゲンやMRIなどの画像診断のみでは、診断出来ないというのが、現時点での「エビデンス」の結論である。



(ここから私見)日本では現在でも、腰痛・ひざの痛み・首の痛みなどに対して、「軟骨がすり減っているから痛い」「骨が変形しているから、私の痛みは一生治らない」などと思い込んでいる人が多い。日本にも「マッケンジー法」の様な効果的な治療法が広まって、ひとりでも多くの方が、痛みから解放される事を願っている



国際マッケンジー協会認定資格 「きだに名倉堂接骨院」埼玉県狭山市富士見                    

「マッケンジー法」適応可能性の高い症例・症状:緊張型頭痛・偏(片)頭痛・肩こり・首の痛み・腰痛・座骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・ギックリ腰・ひざの痛み・むち打ち症・五十肩・各関節の痛み・腕や脚のシビレ等



投稿者 きだに名倉堂接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
☆マッケンジー法☆
5月に「とくダネ!」で “マッケンジー法” が紹介されました

皆さんご覧になりましたか(^-^)?
 

とにかく反響がすごかったです

埼玉県外からも沢山の方が来院されています

それほど沢山の方が、腰痛で困っていることに

改めて実感しました。

 

マッケンジー法は本当にすごいんです
 

 

来院された男性の患者さんで、奥様が一緒にいらしていて

旦那様の治療結果に感動して泣いていました。

辛い思いをしてきた二人の思いが伝わってきて、

私も感動しました

奥様が旦那様を大切に思っていて

幸せな気持ちにもなりました♥

仲良しそうなご夫婦で私も幸せな気持ちになります


ここで働いているといろんな患者さんに

出会えるのでとても楽しいですし、なにより

皆さんとても優しいんですよ




話変わりますが、「カナログ」は院長が考えた名前です

仕事が忙しいので…

週2回を目標に、最低でも週1回は

更新するのでよろしくお願いします







国際マッケンジー協会認定 「きだに名倉堂接骨院」 

「マッケンジー法」適応可能性の高い症例・症状
緊張型頭痛・偏(片)頭痛・肩こり・首の痛み・腰痛・座骨神経痛・椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症・ギックリ腰・ひざの痛み・むち打ち症・五十肩・各関節の痛み
腕や脚のシビレ等




 

 

 

投稿者 きだに名倉堂接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
当院の治療方針に影響を与えた世界の動き ①

「エビデンスってなに?」  エビデンス・治療法 編
 


欧米では、政府と医療機関が連携した取り組みとして、1980年代初頭より、
「エビデンス=医療に対する科学的な根拠」を重要視するようになった。
「エビデンス」で、ある治療法の根拠(効果)を証明するには、
まず医師・患者の主観を排除するために、患者をくじ引きで2群もしくは3群に振り分ける。
たとえば300人の患者をくじ引きで100人ずつA,B,Cの3群に振り分ける。
くじ引きの結果が医師にも患者にも分からない様にし、Aの100人は新しい治療法、Bの100人は従来の治療法、Cの100人は経過観察などとし300人全員の経過、結果を最低1年間追跡調査する。
このような厳しい科学性の追求により、今まで”常識”と考えられてきた腰痛・ひざ痛・肩こりなど、運動器の痛みに対する治療法の多くが
“実は経過観察群と成績が変わらない”という事がわかり「根拠なし」「効果なし」とされた。
一時的に症状を緩和する治療法はたくさんあるが、
“治った”というゴールに達する治療法は、ほとんど無かったという。

  
そこで当院は「エビデンス」の認められている数少ない治療法のうちの1つである“マッケンジー法”に着目した。
マッケンジー法では、症状を自己管理できる治療体系が確立されているため、治療効果だけでなく再発予防効果も「エビデンス」が認められている。

以下の治療法は、「効果なし」「根拠なし」とされた。(一時的に症状を緩和する可能性はある)
けん引治療・ハリ治療・コルセット・マッサージ・電気治療・カイロプラクティック・整体など


     
 国際マッケンジー協会認定 「きだに名倉堂接骨院」埼玉県狭山市富士見1-11-1 

「マッケンジー法」適応可能性の高い症例・症状
緊張型頭痛・偏(片)頭痛・肩こり・首の痛み・腰痛・座骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・ギックリ腰・ひざの痛み・むち打ち症・五十肩・各関節の痛み・腕や脚のシビレ等




 

投稿者 きだに名倉堂接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
なぜ"肩こり"は治らない?~"肩こり"の本当の原因
 肩こりは、単なる筋肉疲労ではありません!
肩こりのメカニズムを「マッケンジー法」という科学で説明します。
 
肩こりに悩む方が、マッサージで筋肉をほぐすと、一時的には楽になっても、数時間から数日後には、またもとのつらさが戻ってきますよね。それは、マッサージでは、症状の根本を治せないからなのです。また「肩こり・首こりから頭痛になる」という言葉を耳にする事がありますが、それは正確な表現とは言えません。
 
今回は、「マッケンジー法」の理論によって、肩こり・頭痛の原因と予防策をお伝えしたいと思います。
「マッケンジー法」は、日本ではあまりなじみがありませんが、アメリカ・イギリス・ドイツなどの病院・クリニックに広く普及し、高い評価を得ている治療法です。
「マッケンジー法」では、肩こり・頭痛の主な原因は、頚椎と頚椎の間にある椎間板内にある「髄核」の微少な“ズレ”(医学的には“偏移”)にあるとします。
下部頚椎の髄核のズレは、主に肩こりや腕のしびれなど、
上部頚椎の髄核のズレは、主に頭痛や首の痛み等を誘発します。



髄核のズレと聞くと、とても恐ろしいものの様に聞こえるかもしれませんが安心して下さい。
なぜならその内の大部分は正しい姿勢をとる事によって予防出来るからです。
もし今痛みを抱えているのであれば、正しい姿勢を保つ事にプラスして、頚椎のマッケンジーエクササイズ(体操)を行うと改善がみられる可能性が高いと思います。
 頭痛・肩こり・首の痛みに対するホームエクササイズ
マッケンジー法では、どうすれば症状が改善するのか、どうすれば悪化するのかをひとり一人の病態に合わせてくわしく説明指導していくので、治療効果だけでなく、再発予防効果もあります。
そして万が一再発してしまっても、病院に通わずに、以前覚えたマッケンジーエクササイズで、改善できるケースも多くあります。

国際マッケンジー協会認定 「
きだに名倉堂接骨院」埼玉県狭山市富士見 

「マッケンジー法」適応可能性の高い症例・症状
緊張型頭痛・偏(片)頭痛・肩こり・首の痛み・腰痛・座骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・ギックリ腰・ひざの痛み・むち打ち症・五十肩・各関節の痛み・腕や脚のシビレ等


 

投稿者 きだに名倉堂接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
はじめまして☆

きだに名倉堂接骨院の受付Staffの杉谷です

今日からブログはじめます(●^o^●)



接骨院での出来ごとや、プライベートのことなど、、、

書いていきますので、よろしくお願いします







私の好きなものを簡単に紹介します

・買い物
・ドライブ
・浜崎あゆみさん♥
・子供


まだまだありますが・・・

最近特に、子供が大好きで
私にも1才の姪っ子がいますが
もー可愛くて可愛くてメロメロです
自分の子の様に可愛がっています☆


先生のお子さんもとっても可愛いんですよ(^^)






梅雨の時期なので雨が降る日が
多いですが、
梅雨明けしたら夏がきますね

夏は特にイベントが沢山あるので
楽しいですよね




私の父親が福島県にいるので、
今年の夏は福島県に行ってきます

今から楽しみです☆


海も大好きなので、友達と伊豆も行ってきます


こういう楽しみがあると何事も頑張れますよね


皆さんはどこか行かれますか?>^_^<




国際マッケンジー協会認定 「きだに名倉堂接骨院」 

「マッケンジー法」適応可能性の高い症例・症状
緊張型頭痛・偏(片)頭痛・肩こり・首の痛み・腰痛・座骨神経痛・椎間板ヘルニア
脊柱管狭窄症・ギックリ腰・ひざの痛み・むち打ち症・五十肩・各関節の痛み
腕や脚のシビレ等


















 
投稿者 きだに名倉堂接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
「マッケンジー法」は、"あなた"にとって「一生の宝物」になりうる治療法です。


皆さま、こんにちは。きだに名倉堂接骨院 院長の木谷武士(きだに たけし)と申します。

写真は東京にある「お茶の水整形外科 機能リハビリテーション クリニック」にて行われた「マッケンジー法」講習会後に撮影したものです。

 (写真右) 国際マッケンジー協会 教育部 副部長 Grant  Watson 先生 

 (一番左) 国際マッケンジー協会 日本支部 Executive Director 岩貞 吉寛 先生
 
 (中央)   国際マッケンジー協会認定資格所持セラピストの私(木谷)です。



最近「マッケンジー法」がテレビ・本などのメディアに頻繁に取り上げられるようになりました。

その影響もあり、当院には、接骨院のある埼玉県内だけではなく、東京都・群馬県・栃木県・神奈川県・茨城県・静岡県からも患者さんが来院されています。(群馬県、栃木県、茨城県などには、国際マッケンジー協会認定資格を持つ医療機関がないためだと思います)


「マッケンジー法」は、腰痛、頭痛、肩こり、ひざの痛み等を専門家の指導のもと、患者さん自身が行う「マッケンジー法」特有のエクササイズ(体操)にて、症状を根本から改善していく治療法です。

「マッケンジー法」では、「どうすれば良くなるのか」だけでなく、「どうすれば悪くなるのか」も、徹底して説明指導していくので、一度「マッケンジー法」で治った患者さんは、再発のリスクが減ります。

そして「マッケンジー法」を身につけた方は、万が一再発してしまった場合においても、病院に通わずに自分で治せる可能性が高くなります。

このように「マッケンジー法」は「長年痛みを抱えている方」「再発を繰り返している方」にとって、「一生の宝物」になりうる治療法だと思います。


私はこれまでに様々な徒手医学(手技療法)を学んできましたが、「マッケンジー法」ほど患者さんにとって「有益」だと思えるものは、他にありませんでした。
「マッケンジー法」はとても奥が深い治療法です。それは「マッケンジー法」が単なる「治療テクニック」ではなく、患者さんの自立を目的とした「治療哲学」だからだと思います。
私は現在、国際マッケンジー協会の認定資格を持っていますが、「マッケンジー法」は数年でマスターできるものではありません。生涯をかけて「マッケンジー法」の研鑚に励むつもりです。

患者さんからの感謝の言葉も毎日いただいており、治療家としてもとてもやりがいを感じております。
(マンツーマンで初診に一時間以上かかり、患者さんを数多くみられないために、現在初診の予約を2週間ほどお待たせしています。)


接骨院の仕事とは、直接関係ありませんが、私には5歳の息子と4歳の娘がいて、少し変わった育て方(子供が生まれた際にテレビを捨て、代わりに絵本を沢山そろえている。玩具はボール・バット・ぬいぐるみ等を除いては、積み木などの木製の物しか家に置かない等)をしているので、(ご要望があれば)その事についても、たまにふれていきたいと思っております。

これから、マッケンジー法関連の話など皆さまの健康増進に役立つような情報を提供していきたいと思います。今後ともよろしくお願いします。


自分で治すマッケンジー法



国際マッケンジー協会認定 「きだに名倉堂接骨院」埼玉県狭山市富士見1-11-1 

「マッケンジー法」適応可能性の高い症例・症状
緊張型頭痛・偏(片)頭痛・肩こり・首の痛み・腰痛・座骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・ギックリ腰・ひざの痛み・むち打ち症・五十肩・各関節の痛み・腕や脚のシビレ等




投稿者 きだに名倉堂接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
当院で最後にしましょう!
10th Anniversary   since 2001
おかげさまで、当院は開院10周年を迎えました。皆様のお役に立てるように、これからも知識と技術の研鑚に励みたいと思います。よろしくお願い致します。

    
 
当院で最後にしましょう

当院及び「マッケンジー法」の目指すゴールは、
「あなたが病院や整骨院等に通い続ける必要性を無くす事」です。

なたは、今までに、どの様な治療を受けてきましたか?
現在、日本でおこなわれている一般的な治療と言えば「痛み止めの薬」
「電気治療」「マッサージ」「湿布」「ハリ治療」「牽引治療」「コルセット」等
があると思います。それらは、その場の痛みを和らげる為の方法です。
アメリカ、イギリス、スイス等の医療先進国に普及し、大きな成果を挙げている「マッケンジー法」なら、痛みの根本に直接アプローチします。しかも患者さん自身が自分で管理して治せるようになる為の方法なのです。
「痛みが取れずに病院や治療院を何件も回っている方、何ヶ月も通っている方」「再発の不安を無くしたい方」「手術以外の方法を探している方」持病だとあきらめずにぜひ当院にご相談ください。

☎04-2956-7688
※現在、「マッケンジー法」の初診のご予約は2~3週間程お待たせしています。尚、急に痛みだした方(ギックリ腰や頭痛,むち打ち症など)は、当日の電話予約も可能な場合があります。

   
投稿者 きだに名倉堂接骨院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)