医師の推薦文& 院長メッセージ

整形外科医師の推薦文

宮本整形外科 院長  宮本 義明先生(宮崎県)

整形外科医として悩むことの一つに「レントゲンやMRIなどの画像診断の所見が必ずしも患者さんの愁訴の原因になっていないこと」があります。
もちろん重篤な疾患を見つけ出すのに検査が重要であることには間違いありませんが、「強い痛みを訴えていても画像上で異常がない方」、「レントゲンやMRIで強い変形があっても症状のない方」等様々です。また、同様の症状にみえても鎮痛剤が効く場合と効かない場合があることも不思議でなりませんでした。
「マッケンジーメソッド」を学ぶとそういった疑問に答えを出すことができます。
痛みに炎症のような化学的な痛みと機械的な痛み、その他の痛みがあるとすれば、それぞれに合わせた治療をすることは理にかなっていると思います。
「マッケンジーメソッド」ではこのうちの画像診断では分からないような機械的疼痛を見つけ出し治療することができます。
木谷先生とは東京労災病院において実施された「マッケンジーメソッド」の研修会で出会い、その後アドバンスコースまで一緒に学んできました。
非常に勉強熱心で温和な先生です。
「マッケンジーメソッド」を武器に患者様の痛みや苦しみを少しでも軽減できるよう今後さらなるご活躍を期待したいと思います。

歯科医師の推薦文

まとば歯科クリニック 高坂栄一先生(埼玉県)

腰痛は歯科医師の職業病といわれるほどで、私も10年以上腰痛に悩まされてきました。
妻の勧めでこちらの接骨院に通うようになり、今ではすっかり腰痛の事を忘れて生活できています。
木谷先生はエビデンス(科学的根拠)を重視していて、「どうすれば治るのか?」「どうすれば悪化するのか?」「どうすれば再発予防できるのか?」等に対してやさしく明確に説明指導してくれます。
「腰痛に関する日本の常識は世界では非常識」ということも知りました。
同じ医療人として、学問への探求心や治療技術、さらに患者さんへの真摯な対応に、安心して身を委ねることができます。

院長メッセージ

 

私は「マッケンジーメソッド」に出合い 長年苦しんできた自分の腰痛を克服しました。

そして、今度は皆様にも この素晴らしさを体感していただきたいと願っています。

 

こんにちは。

きだに名倉堂接骨院 院長の木谷 武士(きだに たけし)です。

当院のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

私は、高校時代のアルバイト中にお米(30㎏)を持ち上げた際に腰を痛めました。

その時に接骨院に通ったことがきっかけで柔道整復師(=国家資格)という職業を知り、この道を選びました。

 

その後、12~13年間悩まされてきた腰痛ですが、「マッケンジーメソッド」に出合い それを学んだことにより、自分で克服する事が出来ました。

以来10年以上、腰痛知らずの生活を送っています。

 

当院ではマッケンジーメソッドを用いてこれまでに数多くの患者様の症状改善をサポートしてきました。

 

「他の治療法で治らなかった方」「手術以外の治療法を探している方」あきらめずにぜひ当院にご相談ください。

 

きだに名倉堂接骨院 院長 木谷 武士

所在地

〒350-1306
埼玉県狭山市
富士見1-11-1
狭山市駅 東口 徒歩5分
狭山郵便局本局のならび。
無料駐車場有り。
電車でもお車でも!

04-2956-7688

お問合せ・アクセス・地図

お役立ちリンク

PageTop